フォト
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月26日 (金)

第9回JARL定時社員総会での質問に対する回答書

6月28日(日)13時~15時に行われますJARL社員総会ですがコロナウイルの影響で熊本⇔東京間の航空機の減便が行われている中で朝一番の航空機に乗れたとしても会場入り出来るのは14時30分頃になる事から前日移動も検討しましたが前日は4アマ講習会の講師も予定していますので残念ながら欠席させて頂く事にしました。尚、委任状については改革派のメンバーにお願いし既にJARLには提出済みます。
尚、質問状については受け付けて頂けますので今回も提出し総会終了後に回答頂けると思っていました所、本日回答が有りましたので以下に添付します。

ダウンロード - jr6ikde4b8ade5b68be982a6e6b5a9e7a4bee593a1.pdf

総会前ですので詳しくは書きませんが会計帳簿については25日に開示されていますので内容は現在精査中で色々と見えて来た事もあり以下のURL内を参照ください。

https://jarl2020.wordpress.com/

 

2020年6月24日 (水)

JARLはようやく会計帳簿の開示をする事になりました。

明日6月25日(木)に会計帳簿の開示を行うと連絡が有りました。
素直に最初から帳簿の開示に応じれば良かったのにと思いますが
開示後は内容の確認作業が始まります。

2020年6月 9日 (火)

JARLへの会計帳簿開示指示が下りました。

毎年赤字予算を立ててこの赤字予算を超える赤字を計上しているJARLですが私は毎年予算計上に対しては反対に挙手しています。
尚、現在のJARLを立て直す一つに予算が有りますが会員の皆様から集めた貴重なお金が無駄使いされる事なくしっかり運営に行かされているのかを確認する為にも会計帳簿を確認・精査し計画を立て直さなければならないと考えていますがこれまで開示をお願いしても出て来ない事から今回は「社員」の任務・権限から社員総数127名の内の10分の1以上の16名が集まりJARL髙尾会長に対し会計帳簿の謄写をさせるよう求める内容証明郵便を送付しましたが指定した期限までに明確な回答が有りませんでしたのでやむなく東京地方裁判所へJARLを相手取って、会計帳簿の閲覧・謄写を求める仮処分を申請しました。尚、JARL側は応じないとの答弁書を提出して来ました。裁判期日(審尋期日)で裁判官はJARLに対し「会計帳簿を自主的に開示するつもりはないか」と尋ねましたがJARL側は拒否した為、裁判官は直ちに審理を終結しました。結果、6月8日に裁判所は社員16名の請求を全面的に認め、JARLに対し、「仕訳帳」と「総勘定元帳」の全面開示を命ずる決定を下した次第です。

仮処分決定は以下の通りです。(住所部分は黒塗り)

ダウンロード - 20200608_e4bbaee587a6e58886e6b1bae5ae9a.pdf

詳細は以下のURLを参照下さい。

https://jarl2020.wordpress.com/

 





2020年6月 5日 (金)

2020年6月28日に計画されている第9回JARL社員総会に向けて

今月実施予定の表題の会議ですが新型コロナウイルスの影響から30名程度に参加者を絞り実施予定である事が参加予定者に向けて通知が有りました。

今年は選挙も実施され2年交代の節目の年です。
そこで志を共にするメンバーからJARL社員に向けて手紙を出しましたのでその内容についてお知らせします。

以下URLからご覧下さい。

ダウンロード - efbcaaefbca1efbcb2efbcace7a4bee593a1e381aee381bfe381aae38195e38293e381b8.pdf


様々な意見があると思いますので意見がある方は投稿頂ければと思います。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31